つぎへ



尾ノ上の浜

 昭和のはじめごろのお話です。尾ノ上の部落には25軒(けん)の家がありました。
 部落は白い砂浜、きれいな海、緑の山に囲(かこ)まれた静かなところでした。
 夏は長崎から3〜4そうの「ダンベイ船」できた海水浴(かいすいよく)のお客さんでにぎわい、その中には外人さんも多く来ていました。多い時は1日3000人もきたそうです。



尾ノ上トップページへ