「地域のチカラで医療的ケア児を育てる」長崎市立図書館×長崎県医療的ケアが必要な在宅小児等への支援事業(長崎大学病院小児科)を開催します(11/25)


医療的ケアとは、病院以外の場所で主に家族が行う医療的補助(たんの吸引や経管栄養など)のことです。
近年、医療的ケアを受けながらおうちでくらす子どもたちが増えています。
その子どもたちの成長には、家族・病院の力だけでなく、学校やデイケアなどさまざまな職種の関わりや地域のチカラが必要です。
ご家族はもちろん、子どもの成長に関係・関心があるみなさんで集まり、現状や課題を学びあいませんか。



日  時:11月25日(土) 13時〜15時(開場12時30分)
場  所:長崎市立図書館 新興善メモリアルホール
タイトル  :「地域のチカラで医療的ケア児を育てる」
       長崎市立図書館×医療的ケアが必要な在宅小児等への支援事業(長崎大学病院小児科) 
プログラム:1.長崎県の小児在宅医療について(長崎大学病院小児科 岡田雅彦)
        2.講演「医療的ケア児の現状と課題」
         講師:奈倉 道明 氏(元厚生労働省医政局地域医療計画課在宅医療支援室長補佐
                      埼玉医科大学総合医療センター小児科)
        3.交流会 
定  員:80名
申  込:不要
     ※医療機器等のため電源が必要な方、バギー・車いすでお越しの方は、座席を確保いたしますので事前に(095-829-4946)までご連絡ください。
参加費:無料

※キッズスペース・休憩室をご用意しています。お気軽にお越しください。

イベント情報トップへ

ホーム