映画会

8月定期上映会「シャレード」(8/17・8/29) 9月定期上映会「独裁者」(9/14・9/26)を開催します

今回のテーマは「恐怖」

●8月定期上映会「シャレード」
離婚を決意したレジーナは、友達とスキーを楽しんでいた。
彼女はそこで偶然ピーターと知り合い、心ひかれていく。
パリのアパートに帰った彼女は、夫が殺害されたことを告げられ…。
オードリーの衣装をジバンシィが提供したことでも話題となった、謎解き、どんでん返しありのミステリー映画。
 監督:スタンリー・ドーネン
 出演:オードリー・ヘップバーン ケーリー・グラント ほか
  (1963年 / アメリカ / 113分 / 字幕)
 
日時:(1)8月17日(金) 18時〜19時55分(開場17時45分)※終了しました
     (2)8月29日(水) 14時〜15時55分(開場13時45分)※終了しました

●9月定期上映会「独裁者」
第一次大戦末期、トメニアのユダヤ人兵チャーリーは事故で記憶を失い入院。
数年後、トメニアは独裁者ヒンケルがユダヤ人排斥をおこなっていた。
退院したチャーリーは元の床屋に戻るが、なぜかヒンケルの替え玉を演じることに…。
ユーモラスでありながら大胆な風刺をした、チャップリン映画を代表する作品。
 監督:チャールズ・チャップリン
 出演:チャールズ・チャップリン ほか
  (1940年 / アメリカ / 125分 / 字幕 / モノクロ)

日時:(1)9月14日(金)18時〜20時5分(開場17時45分) ※終了しました
    (2)9月26日(水)14時〜16時5分(開場13時45分) 

場  所:長崎市立図書館 多目的ホール
定  員:各100名(入場無料)
※事前の申込みは必要ありません。開場時間になり次第、直接会場へお越しください。


10月定期上映会「追憶」(10/17・10/29) 11月定期上映会「哀愁」(11/12・11/28)を開催します

今回のテーマは「愛しあった2人」

●10月定期上映会「追憶」
学生運動に没頭するケイティーと、政治的主義にとらわれないハベル。
大学卒業後それぞれの道に進むが、第2次世界大戦中に2人は再会する。
バーブラ・ストライサンドが歌う主題歌にのせて描かれる20年の軌跡。
 監督:シドニー・ポラック
 出演:バーブラ・ストライサンド ロバート・レッドフォード ほか
  (1973年 / アメリカ / 118分 / 字幕)
 
日時:(1)10月17日(水) 18時〜20時(開場17時45分)
     (2)10月29日(月) 14時〜16時(開場13時45分)  

●11月定期上映会「哀愁」
第一次世界大戦中、イギリス軍将校のロイとバレエダンサーのマイラは、
ウォータールー橋でめぐり会う。恋に落ちた2人だが、戦争が全てを引き
裂いた。橋を舞台に繰り広げられる、美しくも哀しい物語。
 監督:マーヴィン・ルロイ
 出演:ヴィヴィアン・リー ロバート・テイラー ほか
   (1940年 / アメリカ / 108分 / 字幕 / モノクロ)

日時:(1)11月12日(月)18時〜19時50分(開場17時45分)  
    (2)11月28日(水)14時〜15時50分(開場13時45分)  

場  所:長崎市立図書館 多目的ホール
定  員:各100名(入場無料)
※事前の申込みは必要ありません。開場時間になり次第、直接会場へお越しください。