映画会

8月定期上映会「チャイナ・シンドローム」(8/18・8/28)
9月定期上映会「酒とバラの日々」(9/6・9/27)を開催します

今回のテーマは「日常に潜む危機」

●8月定期上映会「チャイナ・シンドローム」
アメリカの地方テレビ局女性キャスターのキンバリーは、日常のたわいもないニュースを担当していたが、
ある日ドキュメンタリーの取材に出かけた先で事故に遭遇する。
カンヌ国際映画祭男優賞を受賞したジャック・レモンの、迫真の演技も話題になったサスペンス映画。
監督 ジェームズ・ブリッジス
出演 ジェーン・フォンダ ジャック・レモン マイケル・ダグラス ほか
   (1979年 / アメリカ / 122分 / 字幕)

日時:(1)8月18日(金) 18時〜20時5分(開場17時45分)※終了しました
    (2)8月28日(月) 14時〜16時5分(開場13時45分)※終了しました

●9月定期上映会「酒とバラの日々」
仕事のはけ口を酒で紛らわせる夫に、妻もまた酒で寂しさを振り払おうとした。やがて二人は
アルコールに溺れていく…。夫婦の絆を描いた作品でもあり、同名のテーマ曲「酒とバラの日々」は
アカデミー賞主題歌賞に輝き、ジャズのスタンダードナンバーとして歌われている。
監督 ブレイク・エドワーズ
音楽 ヘンリー・マンシーニ
出演 ジャック・レモン リー・レミック ほか
   (1962年 / アメリカ / 117分 / 字幕 / モノクロ)

日時:(1)9月6日(水)18時〜20時(開場17時45分)※終了しました
    (2)9月27日(水)14時〜16時(開場13時45分)


場  所:長崎市立図書館 多目的ホール
定  員:各100名(入場無料)
※事前の申込みは必要ありません。開場時間になり次第、直接会場へお越しください。


10月定期上映会「アンナ・カレーニナ」(10/9・10/20)
11月定期上映会「素直な悪女」(11/17・11/30)を開催します

今回のテーマは「華麗なる女優たち」

●10月定期上映会「アンナ・カレーニナ」
政府高官カレーニン夫人であるアンナ(ヴィヴィアン・リー)は愛のない結婚生活を送っていたが、
ある時若い将校ヴロンスキー(キーロン・ムーア)と出会う。
帝政ロシアの文豪トルストイが描く愛のかたちを、ヴィヴィアン・リーが熱演。
監督 ジュリアン・デュヴィヴィエ
    原作 トルストイ
出演 ヴィヴィアン・リー キーロン・ムーア  ほか
   (1948年 / イギリス / 114分 / 字幕 / モノクロ)

日時:(1)10月9日(月) 18時〜19時55分(開場17時45分)
    (2)10月20日(金) 14時〜15時55分(開場13時45分)

●11月定期上映会「素直な悪女」
原題は「そして神は・・女を創りたもうた」。本能のまま行動するジュリエットは周りの男たちを翻弄していく。
名前の頭文字を取り、フランス語で赤ちゃんを意味するBB(べべ)の愛称で親しまれる 
ブリジット・バルドーの魅力が満載の作品。
監督 ロジェ・ヴァディム
出演 ブリジット・バルドー ジャン=ルイ・トランティニアン ほか
   (1956年 / フランス ・イタリア / 91分 / 字幕)

日時:(1)11月17日(金)18時〜19時35分(開場17時45分)
    (2)11月30日(木)14時〜15時35分(開場13時45分)


場  所:長崎市立図書館 多目的ホール
定  員:各100名(入場無料)
※事前の申込みは必要ありません。開場時間になり次第、直接会場へお越しください。